読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身アラフォー非モテ男の婚活日誌

友達なし彼女なしのアラフォー非モテ男による婚活活動日誌

第十六話 再スタート

とりあえず「クチャラー」をググってみた。

http://jin115.com/archives/52091177.html

・口を開けて食べ物を咀嚼しクチャクチャ音をさせる人

・本人は無自覚

・指摘したり直すように言うと逆ギレする

・とにかく不快に思われている

・直した人もいる

おおよそ想像通りの内容だった。女性の顔を見て話せなかったのも慣れで何とかなったのだから、これも何とかしよう。また、彼女ができた時に同じ原因で嫌われることのないように、可及的速やかに(かきゅうてきすみやかに)克服する必要がある。そう例えば、今すぐにでも。

その後、意識して口を閉じてご飯を食べてみたが、口が開いている時との違いがまったく分からなかった。一人暮らしだし、友達もいないので、咀嚼音が漏れていないかを聞く相手がいない。スマホで録音するのもどうかと思うし。仕方がないので、確認は後回しにして、口を閉じて食べる習慣をつけることにした。

確かにクチャラーは大きな問題だが、根本的な問題は別にある気がしていた。自慢じゃないが自分にはいろいろな欠点がある。まあ、クチャラーは想定外だったが、それ以外にもイビキはうるさいし(こっちは家族や同級生からよく言われていた)、方向音痴だし、ペーパードライバーだし、料理もできない。スポーツもダメで特技もない。改めて考えてみると遠坂さんとこれ以上付き合ったとしても何か別の理由で振られてていたと思う。そう、彼女は自分のことが好きではなかったのだ。ただ、これと言って悪い条件がなかったから何度かデートしただけで、ひとつでも欠点が見つかれば、サヨナラなのだ。それこそ自分には欠点なんかいくらでもあるのだから結末は分かっている。

世の中の恋人同士とか夫婦はどうやって何年も付き合い続けられるんだろうか?どんな人間だって欠点の一つくらいはあるだろう。どうやって相手に許容してもらっているんだろうか。逆にどうやって相手の欠点を許容しているんだろうか。お互い「好き」になればいいんだろうか。どうやったら「好き」になってもらえるんだろうか。

悩んでいても仕方が無いので、行動に移すことにした。結構な時間とお金がかかってしまったが高い授業料と思うことにした。たった数回の婚活パーティーで上手くいくほど世の中は甘くなかったのだ。

とりあえず、週末は婚活パーティーに参加することにした。オタク系婚活パーティーのアエルラとシングル、そしてイベント合コンの4seenを組み合わせれば毎週末に活動できそうだった。オーネットとかの結婚相談所はお金がかかるだけで余りいいとは思えなかった。相手の身元は相談所がチェックしてるだろうからあまり変な人はいないのかもしれないが、結局、相手を判断するのは自分だろう。また、メールを使ったネット婚活にも興味はなかった。メールやプロフィールを見ても相手のことも自分のことも分からないし、いざ、会ってみてガッカリとかになったらそれまでのやり取りが無駄になってしまう。とにかく、自分は結婚を希望している独身女性と毎週会えればそれでよかった。

(第十六話 おわり)