読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身アラフォー非モテ男の婚活日誌

友達なし彼女なしのアラフォー非モテ男による婚活活動日誌

第十七話 オタク婚活パーティーでの出来事(その1)

それから婚活パーティー、婚活イベント通いを続けた。実質、婚活が趣味と言っても過言では無い状態だった。ゴールデンウィークも夏休みも参加できるイベントがあれば参加した。ゴールデンウィーク中のイベントで司会者が「みなさん、連休中はどこかへ行かれるんですか?」と発言した際には参加者はみんな黙り込んでしまった。当たり前だ。予定があれば婚活なんかしてないし、そもそも一緒に行く相手を見つけるために婚活をしているのだ。とにかくいろんなものにガリガリと精神力が削られながらも婚活を続けた。
 
そんな婚活三昧の日々の中でちょっと変わった体験をしたことがあった。
 
(変な三角関係)その日はいつものようにアエルラの回転寿しが終わった。ここのイベントでは最初のフリータイムは女性から声をかけるのだが、十数回参加しているが、遠坂さん以外から声をかけられたことはなかった。この日も誰からも声をかけられなかったので、自分からフリーの女性に声をかけた。二回目も適当に声をかけて、三回目も同じように声をかけて今日も収穫ゼロかななどと考えていたら、ちょっと違う事が起きた。三回目に声をかけた女性が露骨に嫌な顔をしたのだ。一瞬だけ。まあ、なんといか、ゴメンね。自分みたいなのが声かけちゃって。と心の中で謝った。たまにあるのだ。愛想がいい女性だと愛想を好意と勘違いしてしまうことが。その後、すぐに表情が戻ったのと、今更、別の人に変更するのも変なので、そのまま、二人で向かい合ってイスに座った。とりあえず、当たり障りの無い話をして10分間をやり過ごそうかと考えていたら、「すみません、ここよろしいですか?」と男性が一人割り込んできた。何となく雰囲気が田代まさしに似ていた。ヒゲとメガネとちょいワルっぽい感じがする。いつもならライバル登場と思うところだったが、この時は女性に嫌われている事が分かっていたので、良かったと思った。女性もワガママっぽい感じがするので、案外この二人はおにあいかもしれないか。そして、テーブルに3人分のプロフィールシートを並べて無難に進撃とかのアニメの話を始めた。しばらくして強烈な違和感を感じた。
違和感の一つは、女性が正面にいる自分をまったく見ないのだ。話をしている時も、話を聞いている時も、つねに視線は田代まさしだった。まあ、そこまで露骨に態度に表すのはどうかと思うのだけれど、逆に正直でいいのかもしれない。もう一つの違和感は田代まさしだった。こいつがずっと自分を見つめているのだ。おかしいだろう。睨むでもなく普通にこっちのほうをじっと見ている。そこには世にも奇妙な三角関係が発生していた。自分は基本女性を見ながら話をし時々チラッチラッと田代まさしを見た。女性は正面の自分を避けるように斜め前の田代まさしを見ていた。田代まさしはじっと自分を見ていた。

 

f:id:sato_taro:20160305150717j:plain

 
相変わらず話題はアニメの話が続いていたが、自分の頭の中は目の前の状況でパニックだった。田代まさしが女性の方を見て話をすれば違和感は無くなるのだが、自分の立場上、目の前の女性と男性をくっつけるようなことをしたくなかった。でも女性は明らかに自分を避けているので、この際、何をしても自分の状況は変わらないように思える。でも、後数分でフリータイムは終わる。時間切れまで待つのも悪く無い。相変わらず女性は田代まさしを、田代まさしは自分を見ていた。そして田代まさしが女性を見ない理由や自分の立場や残り時間を考えた。そして、フリータイムは終わった。
結局、この日も自分は誰ともカップルになれなかった。ちなみにあの女性と田代まさしもカップルにならなかったようだ。未だにあの三角関係の謎は解けていないし、永遠に解けることはないだろう。