読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身アラフォー非モテ男の婚活日誌

友達なし彼女なしのアラフォー非モテ男による婚活活動日誌

閑話休題 その三(女性にとっての出会い、男性にとっての出会い)

サトー タロー役の辺野々々・ローロ・茂平次(へのへの  ろーろ  もへじ)です。
最近は空いた時間に婚活を扱った漫画を読んでいます。その漫画の中で気になったエピソードの感想を書いてみます。
 
最初に紹介する本は「カツ婚! 恋に喝!篇」です。

 

カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

 

 

 
これは少女漫画の「30婚」(読んだことがないので内容は分からない)のスピンアウトらしいのですが、面白いしいろいろ勉強になります。
 
内容は男女の考え方の違いや女性の悩みについて解説したりアドバイスしたりするのですが、女性が描いている漫画なので女性心理については信憑性があります。また、男性のセリフもそんなに違和感がありません。
 
気になったのは「彼女いない歴=年齢」の男性が登場するのですが、見た目がいわゆる少女漫画に登場する男性で、とてもそんな風に見えないことくらいでした。
 
この漫画の中の一つのエピソードに、女性の「出会いがない発言」が取り上げられていたのですが、とても納得できました。
 
P.15
(「出会いがない」とこぼす独身女性に対して)
「『出会いそのものがない』と言う男と『好きになれる男がいない』と言う女性」とイケメンが返します。
 
これって、前にツイッターで見た、男にとっての「彼女が欲しい」は砂漠で水を求めて歩いている状態、女にとっての「彼氏が欲しい」は自販機の前でどれにしようか迷っている状態と同じ話かと思います。
 
確かに以前、婚活イベントで出会いがないと話していた女性に職場の男性の数を聞いたら女性と同じかそれ以上に多いという話でした。そういう話を聞いたのは一度や二度ではないです。(もちろん、看護士さん、薬剤師さんみたいに本当の意味で女性ばかりで出会いがないという方もいました。)彼女たちは、職場の男性は恋愛とは別とか何とか言っていましたが、自分にはよくわかりません。自分がそういう立場(女性ばかりの職場)だったら、なんとか仲良くなろうとするか、職場の人たちの友達を紹介してもらうとかいろいろチャレンジしてみると思います。
 
 
またこの漫画の続編の「カツ婚! 愛で勝つ!篇」のP.7には
A子:「好きじゃない相手からアプローチされちゃった」
B子:「うわ〜〜〜 かわいそう・・・」
C子:「災難だったわね」
という会話がのっていました。女性は好きじゃない人から告白されるとショックを受けたり気持ち悪いと思ったりするそうです。
男性ならその女性が好きかどうかは別に告白されたら嬉しいと思います。それでも60才のお婆さんだったり男から告白されたら男でもかなりショックを受けますが、女性にとっての好きじゃない人からの告白はそれと同じくらいショックなのでしょうか。そう言われてしまうとブサメンとしては女性に声をかけられなくなるし、そもそもそんな自分が生きていていいのかとさえ思い悩んでしまいます。。。
 
カツ婚! 愛で勝つ!篇 (ワイドKC Kiss)

カツ婚! 愛で勝つ!篇 (ワイドKC Kiss)

 
 
なお、主人公っぽい女性の早く結婚したい独身女性への提案としては「高齢童貞と付き合えば一発で結婚できますよ?」でした。でも、漫画でさえもこの提案はあっさり却下されていました。
 
女性向けの本なのでなかなか女性に厳しい内容になっていますが、女性特有の考え方が分かるので男性にも勉強になると思います。なお、男性が本屋で買うのはちょっと恥ずかしいかもしれないので電子書籍をお勧めします。