読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身アラフォー非モテ男の婚活日誌

友達なし彼女なしのアラフォー非モテ男による婚活活動日誌

第十七話 オタク婚活パーティーでの出来事(その6)

(クチャラー、その後)

遠坂さんにクチャラー認定されてから口を閉じて食べる練習を始めた。練習の機会は朝食、昼食、夕食の1日3回。よくご飯は〇〇回以上噛んで食べましょう、みたいな話があるが、あれみたいにしっかい口を閉じて、よく噛んでご飯を食べた。困ったのは口を意識して閉じていても、前と比べて音が出ていないかどうかが分からないことだった。分からないので、今やってることが正しいかどうかも不明だった。幸い、いつもご飯は一人で食べてるので、無言で黙々と食べていても、不審がられたりしなかった。(と思う) それからだいたい3ヶ月くらいたった頃、いつも通りご飯を食べていたら、「にゅちゃっ〜」っと不快な音が聞こえて固まってしまった。その音の発信元はどうやら自分の口の中だった。ああ、確かにこういう音を撒き散らしながご飯を食べてたら、周りは不快だよなと、納得した。と同時に理屈はよく分からないが、自分でも音の有無が分かるようになったので、もう大丈夫だと思った。実際、それ以来、クチャラーと言われた事はなかった。 その後も外を歩いてる時でも周りの人の口元を気にしていると、老若男女問わず、口を開けたままガムを食べたり、食事をしている人がいることが分かった。 多分、婚活を続けるかぎり、こういう自分の欠点と向かい合い続けることになるんだと思うと、ため息が出た。

(第十七話 おわり)

第十七話 オタク婚活パーティーでの出来事(その5)

(ハイスペ男子)

アエルラには年令制限はないがある条件を満たした男性しか参加できないイベントがあり、ハイスペ男子と呼ばれていた。その条件とは、年収600万円以上か公務員などで、社会的ステータスで条件を決めているらしかった。出身大学や偏差値、顔面偏差値は関係ないらしい。そして、女性は20代と決められていた。そこで、このイベントに参加できれば、もしかしたら若い女性と付き合えるかも知れないと考えていた。その可能性が1%でも0.001%でもゼロではないだろう。少なくとも参加しなかったらゼロだ。中国嫁日記井上純一さんは40代で10才年下の奥さんを貰ったそうだし可能性はあるはずだ。幸い年収は900万円なので条件は満たしているし、これまでの婚活パーティーでチラ見した限り自分より年収の高い男性はいなかった。そして、会社の休み時間を最大限活用しアエルラからの新規募集のメールに即応し申し込みを完了させた。

イベント当日、いつも通り開始30分前に到着して、イベント開始前の時間を有効利用して先に来ている女性との会話を試みることにした。同じテーブンに座った女性は、ストレートの黒髪を肩まで伸ばしたおとなしそうな感じの人だった。とりあえず無難にこんにちはと挨拶してから「今日は天気が良くて良かったですね」といったが無反応。「お店の場所って分かりにくいですよね。自分は最初に来た時かなり探しましたよ。・・・」と適当に話しても無反応。明確に質問すれば、イエス、ノーくらいの返事をするだけ。もともとコミュ障なのもあり、まともな会話にならないまま、イベント開始時間になってしまった。

この後はいつも通りの流れで、司会者からの説明と注意事項、そして回転寿司形式での自己紹介まで終わった。ちょっといつもと違ったのはフリータイムからだった。男性一人に7人ぐらいの女性が集中してプチハーレムを形成していた。その男性はブサメンではないがイケメンでもなく、何がそんなに魅力的なのかは分からなかった。あぶれた男性はただその状況を静観していた。ちなみに男性参加者はだいたい30才くらいに見えた。40才オーバーは自分だけかも知れない。

その後のフリータイムで他の男性と同席になったりしたので、プロフィールを見たら、年収はだいたい1千万を超えていた。どうやったら、30才くらいで年収が1千万を超えるのかさっぱり分からんかった。

結局、この日のイベントはアウェイ感というか場違い感をずっと感を時続けることになったので、二度と参加しないことを心に誓った。

なお、一番人気の男性は、自分が来た時にコミュニケーションを拒絶されまくった女性とカップルになった。

第十七話 オタク婚活パーティーでの出来事(その4)

(カップリングのコツ?)

婚活の回転寿司タイムでは、最初にまず挨拶してプロフィールシート見ながら雑談という流れで進めていたのだが、たまたま隣の会話が聞こえた時に、男性が女性のアクセサリーが何かを褒めているのが聞こえた。ネットの記事でも女性を褒めろと書いてあったが、実際にそういうのを目撃したのは初めてだったので、衝撃を受けてしまった。そこで、さっそく自分も実践してみることにした。 最初に挨拶するのは同じ。その後、何でもいいから褒める。キレイですね、とかカワイイですね、はキャバクラ(行ったことないけど)みたいなのでやめといた。とりあえず無難にアクセサリーとか、洋服を褒めることにした。まあ、褒めたからといってすぐに反応が変わったわけではないのだが、相手の女性を覚える効果がある事に気がついた。回転寿司タイムが終わると誰が誰だかわからなくなるが、服の色をメモっておくと後から見た時にだいぶわかりやすい。 あと、アジアンティックなちょっと変わった感じの女性がいて、あまり話は合わなかったのだが、その女性の番号を書いて出したら、何とカップルが成立してしまった。ただ、その後、一緒にカフェに行って話をしてもやっぱり話が合わず、結局、その場限りだった。それでもカップルになれたのは、相手を褒めた効果かも知れない。

第十七話 オタク婚活パーティーでの出来事(その3)

(養分の話) 40才を超えるとオタク婚活パーティーでも限られた会にしか参加できなくなる。もともとオタクという限られた人向けのパーティーの中のさらに限定されたパーティーとなると参加する人も限られるらしく、何度か参加するうちに、顔なじみの人ができてくる。それも男ばかり。自分がそう感じているという事は、周りの人も同じように思っているんだろうと考えていた。 その日も、いつもと同じようにカップリングできずにパーティーが終了した。そしてカップル以外の女性が先に退場し、時間を置いて男性が退場となった。10人ぐらいの中年男性グループが狭いエレベーターに飲み込まれていく。だいたいみんな顔は知っているがほとんど話した事はなかったし、エレベーターの中でも無言だった。そんな時、誰かがボソリとつぶやいた。「俺たちって養分なんだよな。カップリングできる人は1、2回参加してその分の会費を払いカップルになって去って行く。俺たちは毎回、高い会費だけ払いにやって来て、何の成果もなく帰っていく。運営は本当に養分みたいなものと思ってるかも。」誰も何も言わなかったが、みんな同意しているように感じられた。 エレベーターのドアが開いてぞろぞろと歩き出す。さっきの話、自分はちょっと違うかなと思った。婚活パーティーの指標として、カップル率というのがある。例えば、10組の男女20人のパーティーで3組のカップルが誕生すればカップル率は3割となる。この値が高ければ高いほど良いパーティーとなるのだが、我々みたいに毎回、カップルになれないのに参加する人たちはカップル率を大きく下げる主な要因になる。なので、運営からすると迷惑な客と思っているかもしれない。

第十七話 オタク婚活パーティーでの出来事(その2)

(美魔女?!) シングルでは月イチくらいと頻度は低いが40代も参加可能なイベントを開催する。どうもそういうニーズは低いのか女性の参加者は毎回数人と少ない上、年齢も高くほとんどカワイイ女性はいない。女性のドタキャンで、男女比が10対3になった時には会費が半額になった。それは極端にせよだいたいそういう感じだった。 ところがその日は違っていた。会場に入って周りを見ると、20代の可愛い感じの女性とこちらも30代の美人系の女性がいた。今日のパーティーは女性も男性も35〜45才が条件なのでは20代の人がいるのは変なのだが、特別に参加したのかもしれない。とにかくラッキーだった。プロフィールシートを書いて回転寿しが始まる。その二人以外は無難に挨拶、会話、挨拶して終わらせる。そして、20代の可愛い感じの女性に挨拶して、プロフィールシートを見て驚いた。年齢は40才と書いてあった。最初は見間違えと思って二度見したがやっぱり間違いなかった。改めて女性の顔をよく見てみると、肌にシワやシミがあった。でも、雰囲気や声、表情はとても若々しいというかとてもカワイイ感じだった。40歳以上の女性と結婚することを考えると、子供は諦めるしかないかと思う。正直、子供は好きだし欲しかったが、今一番可能性のある未来は孤独死へのまっしぐらコースなので、この女性と二人暮らしも悪くないと考えていた。その後、回転寿司で移動してもう一人と女性のプロフィールを見たがこっちも40才だった。もしかしたら美魔女というのかもしれないが、こっちはシワやシミはまったく見当たらなかった。美人だった。こういう人を見ると世の中不公平だなと改めて思ってしまう。結局、この日も収穫はなかった。まあ、いずれにしてもカップルにならなければ、何も始まらないのだと改めて思った。

第十七話 オタク婚活パーティーでの出来事(その1)

それから婚活パーティー、婚活イベント通いを続けた。実質、婚活が趣味と言っても過言では無い状態だった。ゴールデンウィークも夏休みも参加できるイベントがあれば参加した。ゴールデンウィーク中のイベントで司会者が「みなさん、連休中はどこかへ行かれるんですか?」と発言した際には参加者はみんな黙り込んでしまった。当たり前だ。予定があれば婚活なんかしてないし、そもそも一緒に行く相手を見つけるために婚活をしているのだ。とにかくいろんなものにガリガリと精神力が削られながらも婚活を続けた。
 
そんな婚活三昧の日々の中でちょっと変わった体験をしたことがあった。
 
(変な三角関係)その日はいつものようにアエルラの回転寿しが終わった。ここのイベントでは最初のフリータイムは女性から声をかけるのだが、十数回参加しているが、遠坂さん以外から声をかけられたことはなかった。この日も誰からも声をかけられなかったので、自分からフリーの女性に声をかけた。二回目も適当に声をかけて、三回目も同じように声をかけて今日も収穫ゼロかななどと考えていたら、ちょっと違う事が起きた。三回目に声をかけた女性が露骨に嫌な顔をしたのだ。一瞬だけ。まあ、なんといか、ゴメンね。自分みたいなのが声かけちゃって。と心の中で謝った。たまにあるのだ。愛想がいい女性だと愛想を好意と勘違いしてしまうことが。その後、すぐに表情が戻ったのと、今更、別の人に変更するのも変なので、そのまま、二人で向かい合ってイスに座った。とりあえず、当たり障りの無い話をして10分間をやり過ごそうかと考えていたら、「すみません、ここよろしいですか?」と男性が一人割り込んできた。何となく雰囲気が田代まさしに似ていた。ヒゲとメガネとちょいワルっぽい感じがする。いつもならライバル登場と思うところだったが、この時は女性に嫌われている事が分かっていたので、良かったと思った。女性もワガママっぽい感じがするので、案外この二人はおにあいかもしれないか。そして、テーブルに3人分のプロフィールシートを並べて無難に進撃とかのアニメの話を始めた。しばらくして強烈な違和感を感じた。
違和感の一つは、女性が正面にいる自分をまったく見ないのだ。話をしている時も、話を聞いている時も、つねに視線は田代まさしだった。まあ、そこまで露骨に態度に表すのはどうかと思うのだけれど、逆に正直でいいのかもしれない。もう一つの違和感は田代まさしだった。こいつがずっと自分を見つめているのだ。おかしいだろう。睨むでもなく普通にこっちのほうをじっと見ている。そこには世にも奇妙な三角関係が発生していた。自分は基本女性を見ながら話をし時々チラッチラッと田代まさしを見た。女性は正面の自分を避けるように斜め前の田代まさしを見ていた。田代まさしはじっと自分を見ていた。

 

f:id:sato_taro:20160305150717j:plain

 
相変わらず話題はアニメの話が続いていたが、自分の頭の中は目の前の状況でパニックだった。田代まさしが女性の方を見て話をすれば違和感は無くなるのだが、自分の立場上、目の前の女性と男性をくっつけるようなことをしたくなかった。でも女性は明らかに自分を避けているので、この際、何をしても自分の状況は変わらないように思える。でも、後数分でフリータイムは終わる。時間切れまで待つのも悪く無い。相変わらず女性は田代まさしを、田代まさしは自分を見ていた。そして田代まさしが女性を見ない理由や自分の立場や残り時間を考えた。そして、フリータイムは終わった。
結局、この日も自分は誰ともカップルになれなかった。ちなみにあの女性と田代まさしもカップルにならなかったようだ。未だにあの三角関係の謎は解けていないし、永遠に解けることはないだろう。

第十六話 再スタート

とりあえず「クチャラー」をググってみた。

http://jin115.com/archives/52091177.html

・口を開けて食べ物を咀嚼しクチャクチャ音をさせる人

・本人は無自覚

・指摘したり直すように言うと逆ギレする

・とにかく不快に思われている

・直した人もいる

おおよそ想像通りの内容だった。女性の顔を見て話せなかったのも慣れで何とかなったのだから、これも何とかしよう。また、彼女ができた時に同じ原因で嫌われることのないように、可及的速やかに(かきゅうてきすみやかに)克服する必要がある。そう例えば、今すぐにでも。

その後、意識して口を閉じてご飯を食べてみたが、口が開いている時との違いがまったく分からなかった。一人暮らしだし、友達もいないので、咀嚼音が漏れていないかを聞く相手がいない。スマホで録音するのもどうかと思うし。仕方がないので、確認は後回しにして、口を閉じて食べる習慣をつけることにした。

確かにクチャラーは大きな問題だが、根本的な問題は別にある気がしていた。自慢じゃないが自分にはいろいろな欠点がある。まあ、クチャラーは想定外だったが、それ以外にもイビキはうるさいし(こっちは家族や同級生からよく言われていた)、方向音痴だし、ペーパードライバーだし、料理もできない。スポーツもダメで特技もない。改めて考えてみると遠坂さんとこれ以上付き合ったとしても何か別の理由で振られてていたと思う。そう、彼女は自分のことが好きではなかったのだ。ただ、これと言って悪い条件がなかったから何度かデートしただけで、ひとつでも欠点が見つかれば、サヨナラなのだ。それこそ自分には欠点なんかいくらでもあるのだから結末は分かっている。

世の中の恋人同士とか夫婦はどうやって何年も付き合い続けられるんだろうか?どんな人間だって欠点の一つくらいはあるだろう。どうやって相手に許容してもらっているんだろうか。逆にどうやって相手の欠点を許容しているんだろうか。お互い「好き」になればいいんだろうか。どうやったら「好き」になってもらえるんだろうか。

悩んでいても仕方が無いので、行動に移すことにした。結構な時間とお金がかかってしまったが高い授業料と思うことにした。たった数回の婚活パーティーで上手くいくほど世の中は甘くなかったのだ。

とりあえず、週末は婚活パーティーに参加することにした。オタク系婚活パーティーのアエルラとシングル、そしてイベント合コンの4seenを組み合わせれば毎週末に活動できそうだった。オーネットとかの結婚相談所はお金がかかるだけで余りいいとは思えなかった。相手の身元は相談所がチェックしてるだろうからあまり変な人はいないのかもしれないが、結局、相手を判断するのは自分だろう。また、メールを使ったネット婚活にも興味はなかった。メールやプロフィールを見ても相手のことも自分のことも分からないし、いざ、会ってみてガッカリとかになったらそれまでのやり取りが無駄になってしまう。とにかく、自分は結婚を希望している独身女性と毎週会えればそれでよかった。

(第十六話 おわり)